ホーム > サービス> 出版物

一目均衡表の原理

一目均衡表の原理

「一目均衡表の原理」発刊に思う  竹内 一

もの凄い本が出版されました。  一目均衡表の名称は周知の事ですが、残念ながらその素晴らしい内容が正しく 浸透しておりません。それどころか一部分を知っただけで誤解、誤用のはびこる 状態です。  初代の山人翁、二世ともにこのような事態を尤も恐れていましたが、今回の発刊 を契機に嫡孫の細田哲生氏がこの状況を是正すべく三世一目山人を襲名し一目均衡表 の啓蒙と発展に努力される事になりました。  相場とは何から先に考えるべきかが尤も大切だと述べていますが、ここ数年の グラフを添え、実際に現れた相場の過去を検証して解説してあります。  現在の相場水準の出し方、時間と値幅の関係、三波動の重要さ等を正しく認識 し、これらを総合して矛盾のない相場観へと繋がる思考法を辿られれば皆さんの 実戦に役立つ事、確信して疑いを持ちません。  細田先生はまだ不惑の年齢ですが、人格、見識は一目山人翁を彷彿させます。 これから正しい一目均衡表普及の為、大いにご活躍されることでしょう。  この紙面をお借りして三世一目山人襲名おめでとうの言葉を述べさせていただ きます。


一目均衡表倶楽部株式レター 2006〜2010年版

一目均衡表

【本物の一目均衡表活用を】 細田哲生

 一目均衡表倶楽部株式レターはおかげさまで2006年の創刊から2012年3月に300号を迎えました。ひとえに読者の皆様に支えられて続ける事が出来ましたが新しく会員になられた方の中には過去のものも購読したいというご要望が少なくありません。
 また罫線講座は興味があるけど毎週の相場コメントは必要ない、あるいは毎月5000円では高すぎるとしてメールマガジンを敬遠される方も多いようであります。

 良き相場評論は一目山人の「均衡表の急所」がそうであるように実際の相場との相違が相場観と異なるものであってさえ後で読んでも勉強になるものです。私の相場コメントがそうであるかどうかはともかく、私自身日々全力を尽くしてきたコメントをその場限りのものとして埋もれさすのは寂しいとの思いもありました。
 今回改めて過去メールマガジンの販売を決定いたしましたが株式レターは基本的には次の3つの構成になっています。

1.毎週の日経平均株価相場コメント
2.一目均衡表罫線講座
3.個別銘柄、その他変動の解説
 一目均衡表の知識を増やしながら過去変遷をたどって頂く事が出来るのもとなっておりまして、次のような方にお勧めします。

●一目均衡表原著を購入したが難しくて分からない
●一目均衡表株式レターに興味があるが値段に見合うものか不安
●相場経験が浅いが過去変遷がどうなっているか知りたい
●相場経験豊富であるが過去の失敗の整理がついていない
●一目均衡表に興味があるが原著は難しそうで手が出ない

 本物の一目均衡表を皆さんに知って頂く事、身につけて頂く事が私の願いです。 ※以下のDL-MARKETサイトにて販売中です。

一目均衡表倶楽部 株式レター 2006年版
一目均衡表倶楽部 株式レター 2007年版
一目均衡表倶楽部 株式レター 2008年版
一目均衡表倶楽部 株式レター 2009年版
一目均衡表倶楽部 株式レター 2010年版

一目均衡表専用グラフ

一目均衡表専用グラフ用紙(縦 39.1cm 横 53.8cm)を販売しております。
1.タイプA 表裏162日 目盛数 200 記入可能 目盛 縦 1mm 横 3mm
2.タイプB 表252日 目盛数 350 裏180日 目盛数 500 記入可能 目盛 縦 1mm 横 2mm

グラフ購入の申し込みはこちらからお願い致します。>>>>>グラフ購入お申し込みフォーム

均衡表専用グラフ(縦イメージ) 均衡表専用グラフ(横イメージ)